妊娠初期のむくみについて

■妊娠初期のむくみについて

妊娠初期にいきなり足にすごいむくみが出た、という方はけっこういるようですね。これは、「妊娠したことで体内の血液量が増える→老廃物の混じった血液も増える→腎臓機能が老廃物を処理しきれない」ために、体にむくみが出てくる...というのが妊婦のむくみのからくりだといわれています。

私も一回出産経験があるのですが、実は妊娠初期にはこういったむくみは出ませんでした。それは、体に十分注意して過ごしたというわけではなく、私が妊娠初期にひどいつわりに悩まされ、食事もほとんど摂れない状況(胃に入るのがCCレモンだけ...という時も)の上、外回りの仕事も行っていたためか体内の血液がほとんど増産されなかったためにむくみが出なかったのでは...と、いまさらながらに考えています。


■妊娠初期の食べ物について

妊娠初期の食べ物は特に重要といいますが、人によってはつわりで食事なんて食べられない!という方もいると思います。また、妊娠したことでなぜか味覚が今まではあまり好きでなかった食べ物が大好きになる人もいるのだとか。

ここで注意しておきたいのが食べ物です。普通のむくみと同様に妊婦さんも塩分たっぷりの食べ物(なぜか妊娠すると腹痛を起こすくらいに食べたくなるというファーストフード等ですね)を食べるとむくみやすくなる上、便秘にもなりますし、高血圧や妊娠中毒症などの病気にもかかりやすくなります。

特に妊娠初期の妊婦さんはむくみやすいともいわれていますし、そういったむくみを抑えるお薬なども使えませんので、この先の風邪などの症状を抑えるためにも塩分控えめかつ栄養バランスの取れたものをきちんととることも大切なんですよ。


■妊娠初期のトラブルとは

赤ちゃんを授かった妊娠初期、しかもはじめてのお子さんを授かったときは嬉しさ8割、「何か起こったらどうしよう」というのが2割だと思います。

ちょっと腹痛がきた、流産?と思ったり、、むくみが出ちゃったどうしよう、風邪ひいて最悪流産したらどうしよう、便秘がきてもお薬は使えない、果てにはちょっと転んだ...などといった不安を抱えている人は少なくありません。「それは大げさじゃない?」と思うかもしれませんが、本人は大真面目に悩んでいるのです。

実際こういった悩みが元で夫婦喧嘩になった、というケースは少なくはありません。妊娠初期でデリケートになっている奥さんに「何だそんな事」と不用意に旦那さんが言ったために大喧嘩...というのは実際に私の周りで頻発した実話ですので、もし奥さんが妊娠してちょっとしたことで不安がる、という方は少し奥さんに優しくしてあげてくださいね。


妊娠初期のむくみについての関連記事

▲妊娠初期のむくみについてトップに戻る