足首のむくみについて

■足首のむくみとは

足のむくみといえばふくらはぎがパンパンになるという症状を想像するかと思いますが、実は脚の中で一番むくみやすいのは「足首」の部分なんです。それはなぜかというと、足首は血液や老廃物を循環させる筋肉が少ないこと(これは怪我をしやすい原因のひとつでもあります)や、リンパ節の流れが滞りやすい場所だから、というのが原因とよく言われています。

一時期大きな話題になった静脈血栓塞栓症(エコノミー症候群という名前のほうが有名ですね)も、足先?足首などの足先の部分に血栓ができ、それが原因でむくみなどの症状が出てくるということで、そういった症状を抑えるにはまず足首から、というのは大切なことなんですよ。


■足首のむくみを防ぐ靴下

足首のむくみを抑えるためには、やはり適度な柔軟運動や、筋肉に圧力をかけたり、つぼを押したりして循環をよくするのが一番といわれています(つぼ押しがむくみにいいと言われているのは、血液循環がよくなるからなんですよ)。女性なら、今流行のひざ下黒タイツをメディキュットなど、ストレッチの強い締めるタイプのものに変えてもいいですね。

男性の場合、女性に比べてむくみの症状が出る方が少ないせいかそういったグッズが少ないのですが、「メディカルソックスメンズ(1,995円)」や「スリムウォーク段階圧ソックス(1,800円)」等があります。

いつも履いているような5足1000円の靴下と比べて明らかに高価なのでなんだか手が出にくいかもしれませんが、履いていると足の疲労感がかなり違ってくるそうなので、登山などアウトドアレジャーのときなどに重ね履きしたり、足首に負担のかかる立ち仕事が多そうな日に履いていくと、ひっそりと効果を発揮してくれそうですね。


■足首のむくみと冷え

体が冷えると筋肉がうまく動かなくなるため、脚が痛みやすくなったり、むくみが起こりやすくなるといいます。それを防ぐには脚を温めたりストレッチをしたりと、筋肉が動きやすい環境を自分で作ってあげることが大切になります。また、運動をするという方はサポーターをするのもいい考えです(サポーターはひざなどを温める効果もあるので、怪我も予防できます)。

女性ならば、家にいる間はレッグウォーマーを履くのもいいですね。最近はユニクロからも雪模様やボーダー柄などのかわいいレッグウォーマー(990円?)も出てきているので、お手ごろ価格でいろいろなものを選べて楽しいですよ。

また、お風呂にゆっくり浸かってつぼを押したり、お風呂上りに痛みがない程度の足首の柔軟やストレッチをするのもいい考えですよ。


足首のむくみについての関連記事

▲足首のむくみについてトップに戻る