手のむくみ

■手のむくみの原因

むくみは筋肉の疲弊による循環不良によっておこる現象です。
物を持ったりして一日中動かしているはずの手がむくむ、という方はあまりいないので、寝起きにふっと見たらむくんでいてぎょっとした、という方はいるのではないでしょうか(中には、はめている指輪が食い込んで痛くなっちゃったという人もいるのだとか)。

このむくみの原因としては、「昨夜お酒を飲みすぎ(水分を摂りすぎた)」などから始まって、重いものでは「心臓」「腎臓」の病気を持っている可能性もあります。
また病気の、手術の後遺症でむくむということもある等原因は多岐に渡っているので、手がたびたびむくむという場合はまず診察をしてもらうことをおすすめします。


■むくみを解消する手のストレッチ

むくみは体操などでもある程度解消することができるので、手がむくんだ場合はすぐストレッチなどでおさめることができます。

まず簡単にはじめられるのが、手をゆっくり開いたり閉じたりする(いわゆるグーパー)にする運動。
むくみがひどい場合はげんこつができないぐらいになってしまう方もいるそうですが、そういった場合は無理をしないでできるところまで曲げてから開くようにするといいですよ(無理に曲げようとすると、逆に筋に負担が掛かって逆効果になるのでやめましょう)。
寝起きや生理中でだるい時でも簡単にできる体操なので、1日1分気軽に始めてみてくださいね。


■むくみが出やすい季節

むくみはどんな季節のときに症状が出やすいのかというと、実は「寒さのためにあまり出歩かない冬」よりも「水分をたくさん摂る夏」の方が多いのだそうです。

というのも、夏は先に書いたように麦茶やビールなどの飲み物をたくさん飲んだりするために体内の水分量をうまく調整しきれずにむくんでしまう他、夜にクーラーをガンガンかけたり、冷麦などの冷たい食事が増えてしまうために体が冷えてしまい、代謝が悪くなってその結果むくみが出てくるということもあるのだそうです。
夏は飲み物や水分たっぷりの涼しげな食事が美味しい季節ですが、手足のむくみが気になる時はちょっと飲み物をおさえるだけでも改善できることがあるので、試してみてくださいね。


■生理前の手のむくみ

生理前になると手がむくむ、という方もいるようですね。
基礎体温でいうと高温期に入ってからホルモンバランスが崩れて、だるいのに加えて手や足、顔がむくむという、いわゆる月経前症候群(PMS)の症状に悩んでいる方はたくさんいます。
程度が軽いうちはいいのですが、この症状が重くなってきたら生活にも支障が出てきてしまうので、ひどくならないうちに婦人科のお医者さんに相談して生活習慣の改善や薬の処方をしてもらうといいと思いますよ。


手のむくみの関連記事

▲手のむくみトップに戻る