産後のむくみ

■産後のむくみ

私はむくみがほとんど体に出ない体質なのですが、産後に一度だけものすごく足がむくんだことがあります。
出産後に病院のサービスで受けたアロママッサージが気持ちよくてリラックスしていたら疲れがどばっと出て、そのためにむくんだのかもしれません。
その後、何をやってもほとんどむくみは出ないので、本当に産後の母体には普通に生活しているつもりでも本当に疲れがたまりやすいんだ、と実感した一瞬でした。


■里帰り出産について

核家族化が進んでも、未だに出産の際に「里帰り」をするお母さんがほとんどなのは、「出産と、その直後の育児生活は想像を超えるくらい大変」だからだと言われています。
私は里帰りをしないで産後の子育てをしたのですが、それこそむくみが起こる暇すらないほどに大変でした(実際はむくみが出ていたのかもしれませんが、そんな体のちょっとしたトラブルに気付く余裕すらなかったのかも)。

そういった経験から、初産で妊娠したという方はできるだけ里帰りをおすすめします。
床上げ(産後21日までは産婦は母体の健康のために休んで、それ以降は床上げといって本格的に家事を再開するようにすること)まででも子育てを手伝ってもらうと、かなり心にも余裕ができますよ。


■産後の体重管理とむくみの関係

最近は産後の体型・体重戻しに必死になるお母さんもたくさんいるようですが(実は私もその一人でした)、無理なダイエットはむくみの原因になるので、これこそ注意が必要です。
というのも、育児で疲れきった体でダイエットを無理にやると、疲労が普通以上にたまりやすくなり、その状態で休んだりすると顔や足にすぐにむくみが出るようになります。
また、ビリーやコアリズムのような気合の入ったエクササイズの場合はそれにプラスして「貧血」「脱水症状」なども出やすくなりますので、体調が少しでも崩れたと思ったらすぐにエクササイズを中止して、体が落ち着くまで休憩を取るのがトラブルを最小限に防ぐコツですよ。


■整体で産後のむくみ対策

むくみなどの対策のために整体でお世話になるのは妊娠中...と思う方も多いかもしれませんが、実際は産後にお世話になった方が良かった、という方も少なくありません。
というのも、自然分娩を行った後の母体の骨盤は、出産時に大きくずれてしまうからなんです。
骨盤がずれてしまうと、内臓が元あった位置からずれてしまう為に体型が崩れ、お腹のたるみの原因にもなりますし、ずれのために体にも負担がかかりやすく、疲労が母体に蓄積しやすくなるために体にむくみができやすくなります。

そのためにも整体にお世話になるのは非常におすすめなんですよ。
どうしても産後は赤ちゃんが気になると思いますが(それは決しておかしいことではありません)、実家で見てもらう等してたまには気分転換に出かけるのもいいかもしれませんよ。


産後のむくみの関連記事

▲産後のむくみトップに戻る