妊娠中のむくみ

■妊娠中の過ごし方

妊娠中はむくみやすくなるとよく言いますが、実際は全くむくみが出ない、という人も中にはいます(私がその一人)。
それはなぜかというと、私自身があまり「じっとしているのがどちらかというと好きではない妊婦」だったからなのかもしれません。

むくみが出にくい体質というのもあるのかもしれませんが、妊娠中も仕事をして歩き回って(5ヶ月くらいまでは営業もしていました...)、臨月に入っても生鮮ものの買出しにこまごまと出るようにしたり、マタニティビクスなどの運動をしたりと、破水して病院に行くその日までけっこうアクティブな過ごし方をしていたのもあるのかもしれません。

これは妊婦さんの体の具合に合わせてになると思いますが、妊娠中も色々と動き回るようにするとむくみはそれなりに取れてくるようになりますよ。


■妊娠中のトラブルとは

妊娠中に出てくる二大トラブル、それは「むくみ」と「便秘」。特に赤ちゃんが突如として大きくなる8ヶ月?臨月の頃に便秘に悩まされるという方はいるのではないでしょうか。
こういったトラブルを解決する為にはむやみなダイエットよりも食事のレシピを見直したほうが実は賢明です(ダイエットなどの激しい運動は便秘解決にはつながりませんしね)。
むくみや便秘といったトラブルを防ぐ食事のレシピのポイントは「塩分控えめ」「根菜などを多め」。
野菜をたっぷり入れたコンソメベースの野菜スープならむくみの原因になる塩を控えめにできますし、便秘に効く根菜が便秘の解消の手助けをしてくれますよ。
これからの寒い季節ならば、根菜たっぷりの豚汁などもオススメ。
妊娠中でカロリーが気になるという方は豚肉を木綿豆腐などに置き換えると、たんぱく質もきちんと取れる上にぐっとヘルシーになりますよ。


■妊娠中の整体

妊娠中に肩こりやむくみ、それに腰痛に悩む方はいるでしょう。
今まで整体にお世話になってきたけど、妊娠したらもう行けなくなるのかしら...ということはありません。

実際、整体院の中にはうつぶせの施術ができないから、何かトラブルがあったら困るなどの理由から「妊娠中の女性は取り扱っていない」と施術を断るところも少なくありませんが、きちんと妊婦さんのむくみや体の悩みを解決する整体コースをきちんと作っているところもあります。
そのひとつが東京都中野区にある「野田カイロプラクティックセンター(初診3150円、施術料一回5250円)」です。
ここは出産してからも(出産8週間から)施術が受けられるように託児所も完備されているので、出産後に体のむくみやゆがみに悩む人も安心して通い続けられますよ。


妊娠中のむくみの関連記事

▲妊娠中のむくみトップに戻る