むくみのマッサージ

■むくみとマッサージの関係

足が、顔がむくんだ!...というときに、まず一番最初にできる対応策が、手一つでできるマッサージです。
むくみのそもそもの原因となる「疲れてあまり動かなくなった筋肉」をマッサージで刺激して動くようにしてあげれば溜まった水分が循環して、その結果むくみが改善されるようになります。

その時のマッサージのコツは「やさしく」がポイントになります。
ふくらはぎなどがパンパンになった時は強い力でぎゅうぎゅうやった方が効くような気がしないでもないですが、力を入れすぎるとトラブルが解消しても、次は内出血に悩まされることになります。

さらにやりすぎると筋肉を痛めつけることになるので、力は入れすぎないのが大鉄則ともいえます。
本当はリンパ腺の部分を刺激するだけでもむくみには十分効いてきますので、ゆるーく撫でる程度にやっても大丈夫なんですよ。


■れんげでむくみマッサージ

ラーメンのスープを飲む時に使うれんげでふくらはぎなどのむくみの気になる部分を撫でると、けっこういいということをご存知の方は少ないのではないでしょうか。
実は、れんげを使うと簡単に自分でもリンパ腺への刺激ができる上、手で揉むよりも体にはずっと負担が少なく済むので、とてもいい方法なんですよ。
このれんげをつかった方法をわかりやすく文章でまとめたウェブサイトには「顔 リンパマッサージで見違えるスキンケア」があります。その中の「おネエ★MANS スプーン マッサージ」のページで詳しく説明されていますよ。
このページではれんげがスプーンになっていますが、むくみ解消など得られる効果は一緒なので是非試してみてくださいね!


■クリームやオイルを使ってリラックス

むくみを取る時も、できるならクリームやオイルを使ってマッサージをした方が体には優しいんです。
なんとなくイライラした気分で黙々と足を揉み続けるよりは、ハーブなどのいい香りに包まれて、リラックスしてむくみケアをした方が、なんとなく足のむくみにも効果がありそうな気がしますよね?

とはいえ、オイルなどは買ったはいいけど、だんだん飽きてきてしまって何となく使い切れずに持て余しそう...という方にお勧めなのが、ロクシタンの「リバイタライジング バス&マッサージオイル(2100円)」。
これはマッサージだけでなく湯船にひと垂らしして入浴剤としても使えます(お風呂の中でリラックスしながら気になる部分を軽く揉むのもいいです)。


楽天で調べる場合はこちら⇒『リバイタライジング バス&マッサージオイル
店頭で香りを確かめることもできますので、気に入った方は試してみてはいかがでしょうか?


むくみのマッサージの関連記事

▲むくみのマッサージトップに戻る